当たり前?アルコールやカフェインを控えた方がいい妊娠中の女性

アルコールやカフェインを控えた方がいい妊娠中の女性

妊娠中の女性がやってはいけないことは、刺激的な食べ物を食べることです。唐辛子や生姜、ニンニクなどの刺激のある食材はなるべく避けるようにし、内蔵に刺激を与えないように工夫した料理を作って食べるのがポイントです。

 

カフェインも妊娠中の女性は避けた方が無難です。

カフェインは一般の人もあまり多くの量を口にしても、やはり心臓に負担がかかりやすいので、カフェインが多いコーヒーやお茶、ウーロン茶などを避けるのが大切です。

 

他には、タバコを吸うのを辞めた方が良いです。

タバコには人体に有害な物質が含まれていることもあり、かなり赤ちゃんに影響を及ぼすことがあります。タバコはできればまったく吸わないのが理想的です。又、タバコを吸う人の傍にずっといるのも避けた方が無難です。癌になりやすい有害物資が、その吐いた煙の中に含まれていることもあります。赤ちゃんにもその影響が出ることもあるので、なるべくタバコを吸うなと感じたら、すぐにその場から離れた場所に移動した方がいいです。ニコチンは血管収縮作用で胎児の発育に遅れが起こりやすいですし、流産や早産などの影響が出ることができます。目安としては、1日に1本か2本で辞めておいた方がいいでしょう。
妊娠中6

お酒もあまり大量に飲むと、妊娠中の体にはよくありません。

お酒の裏面にも書かれていますが、アルコール度数が高ければ高いほど、胎児がアルコール被爆しやすくなり、奇形や障害などの影響が出やすくなります。胎児性アルコール症というものに胎児がなりやすく、先天性疾患の知能障害が出やすくなります。このアルコールも、一日にビールなら350mlまでにしておいた方が無難です。

 

妊娠中に辞めておいた方がいいのが、熱いお湯のお風呂に入ることです。

体温が上昇しやすくなり、気分が悪くなるのがよくないです。血流が活発になりすぎると、子宮を収縮させてしまうことも、流産や早産しやすくなる原因となるのが怖いところです。妊娠中はぬるめのお湯にサッと入るようにした方がいいです。